カナダ留学のすすめ

カナダが留学先としておすすめなわけ

カナダは、どういうタイプの留学をする方にもとてもおすすめできる国の1つです。

 

カナダで留学やワーホリをした方で、カナダのことを悪く言う方が殆どいないでしょう。
何故なら、カナダは本当に良い環境で留学や海外生活体験が出来る国だからです。

こでは、カナダのおすすめポイントをご紹介して行きましょう。

 

・英語に訛りがない

 

英語は様々な国で話されている言語ですから、色々な訛りが存在しています。
訛りによっては本当に聞き取り辛いものもあります。
同じ国内でも、地域差や階級差などで
外国人にとっては理解するのが困難な場合もあるのですが、
カナダではこういった問題はほぼありません。
どこにいっても解りやすい英語を学べるでしょう。
トロントのあるオンタリオ州の英語は、北米アナウンサーの標準語にもなっているそうです。

 

 

・治安がいい

 

油断は禁物ですが、カナダは海外の中でも比較的治安の良い国で、
世界の治安の良い国ランキングに入る都市が複数あります。
アメリカやイギリスではテロの危険がありますが、
カナダでそういった話を聞く事は殆どありません。
拳銃所持も違法です。

 

 

・人がとてもフレンドリー

 

カナダ人はかなりフレンドリーで、
初対面でもまるで友達同士のように話したり、冗談を言い合ったりします。
しかし、何故か強引な感じではなく、
こちらにとっても受け入れやすい姿勢でアプローチをしてくるので、
シャイな方でもカナダ人となら話せるかもしれません。
とても温かい人柄を持つ人々の多い国です。
話していても上から目線な感じがしません。
お隣の国の方々は少々そういうところがある方が多いので、
それに比べるとカナダ人には好感が持てるのではないでしょうか。

 

 

・観光に最適

 

カナダには様々な観光スポットがあります。
特に自然が好きだという方には、
都市部からでも簡単に行けるところに広大な自然を楽しめるスポットがあるので、
カナダは大変おすすめです。
また、カナダ国内だけではなく、アメリカも近いですし、
中南米にもアクセスしやすい場所にあります。
東側ならヨーロッパも結構近いです。
留学中や留学後にそういった国へ観光に行くのもアリではないでしょうか。

 

 

・物価が比較的安い

 

カナダの物価は、アメリカやイギリスなどに比べると、
その生活水準の割にはかなり安いです。
特に食料品は税金が免除されているので、
自炊をされる方だとかなり節約ができるでしょう。

 

 

・色んな人種が集まっている

 

移民を受け入れている国の中でも、カナダはかなり移民に対して寛容な国です。
様々な文化を受け入れることに柔軟で、「差別がない」とは言いきれませんが、
他の国に比べると比較的そういった経験をすることが少ないでしょう。
様々なエスニックタウンが点在していますから、
カナダに居ながらにして世界を旅行した気分になれるかもしれません。

 

 

カナダに語学留学

カナダの英語は訛りがなく聞き取りやすいため、語学留学にも最適です。
ここでは、カナダで英語を習得するための語学留学について掘り下げて行きましょう。

 

・カナダで語学留学をするメリット

 

前述のとおり、カナダ英語は訛りがなく綺麗なものですから、
そういった綺麗な英語を習得出来るという点はかなりメリットになります。
カナダで英語を学べば、どこに行っても通じる英語が話せるようになるでしょう。
また、街の人々が急に話しかけてくるというようなこともよく起こるカナダですから、
学校外でも英語の練習ができます。
学費や滞在費もイギリスやアメリカに比べると安くなるのも魅力でしょう。

 

 

・語学学校の決め方

 

カナダの教育水準は高いため、語学学校も質のよい学校が多いようです。
ですから、語学学校を決める時には、
住みたい都市、費用の面から決めてしまっていいでしょう。
ビジネス英語を学びたいなど、特別な希望がある場合はそれも加味しましょう。
カナダには語学学校が沢山ありますから、選ぶのは大変かもしれません。
エージェントを使うなら、留学カウンセラーに希望を伝え、
いくつかピックアップしてもらうとスムーズです。
因みに授業時間は週22.5?25時間というのが主流です。
週25時間の場合の授業料の相場は1200?1400カナダドル位でしょう。

 

あまりにも自分の予算に見合わない学校を選ぶべきではありませんが、
費用の安さを理由に語学学校を決めてしまわないようにしましょう。
一番大事なのは、自分との相性です。
自分の希望により近い学校が、他よりも少し学費が高く、
それが払える範囲であるなら、その学校を選ぶべきです。

 

 

・国籍の割合

 

殆どの方が、日本人が少なめの学校に行きたいと思うことでしょう。
ですが、殆どの語学学校で日本人は一定数在籍しています。
上のレベルのクラスになってくると、日本人の数が圧倒的に減りますから、
あまり日本人がいない環境で学びたいという方は、
最初から上のレベルに入れるように、日本で勉強しておくといいでしょう。
上のレベルのクラスでは、全体の人数も下のクラスに比べて少なくなる傾向にあります。
カナダの語学学校で日本人以外で多いのは韓国人です。
次いでメキシコやブラジルなど中南米からの留学生もよく見かけるでしょう。
ヨーロッパからの学生もいます。

 

 

・アクティビティ

 

カナダの語学学校では、他の国々の語学学校と同じく、
様々なアクティビティが開催されています。
カナダという土地を活かしたアクティビティも沢山あり、
例えばカヌーや山登り、バーベキューなんかが開催されています。

 

英語を身につけるためには授業での勉強だけではなく、
こういったアクティビティに参加をして、生きた英語を使うことが非常に重要ですから、
語学学校を選ぶ時にはアクティビティにも注目することをおすすめします。

 

 

カナダへの高校留学をご検討されているのであれば、ココがおすすめです。